排水管の水漏れで多いトラブル

排水管の水漏れで多いトラブル 排水管の水漏れトラブルで多いのは、キッチンや浴室、トイレなどの水回りです。特に浴室の場合は、大量に水を使いますから、水漏れによる被害が大きくなってしまいます。トイレは便器にヒビが入ったりすれば便などが流れることから、水道業者を呼ぶ確率の高い場所となっています。キッチンは食事を作る際に使う場所なので、一家の主婦が常に手入れをしており、ほかのところより水漏れに気づきやすいところです。浴室やキッチンなどと隣り合わせになっている、洗面台や洗濯機などの排水ホースから水漏れする場合もあります。最初に気づいた人が放置せずにすぐに対処すれば、被害を最小限にとどめることができるでしょう。

■蛇口からの水漏れ

最初に気づくのは、蛇口からのポタポタとした水漏れでしょう。蛇口の中に入っている部品の劣化やゆるみなどが原因になります。この程度であれば、自分で修理することもできるでしょう。目に見えるところは比較的簡単に原因がわかりますし、原因がわかれば直せる場合もあります。
蛇口を交換する場合も、ホームセンターなどに、キッチンの蛇口や浴室の蛇口に取り付けるタイプのシャワーホースなどが売られています。気づいたときに、ホームセンターに行って部品を購入しておくと、いざという時にスムーズに対応することができます。蛇口からの水漏れは修理しやすいところですし、早めに直すことで被害を最小限にすることができます。

■部品を交換
部品の劣化は、劣化したところがわかればそこを交換するだけですみますが、劣化した場所を探すのに時間がかかります。自分で探すのが難しい場合は、専門の業者に依頼しましょう。業者は特殊な装置を使って、水が漏れている場所を特定します。ベテランの職人であれば、短時間で劣化したところを探すことができるでしょう。
部品を交換する際には、サイズや品質などが同じものを購入する必要があります。サイズが合わないと交換できませんから、場合によってはメーカーに問い合わせるなど、同じ部品を購入するでも時間がかかることもあります。部品を交換するには、専用の道具を必要とします。道具をそろえるのにもお金がかかります。自分で修理した場合と業者に依頼した場合とで、トータルでどれぐらいの金額が違ってくるのか比較してみましょう。

■排水管のリフォーム

排水管がつまる原因ですが、キッチンの場合は食材や食事の後の油やクズです。浴室は石けんカスや髪の毛、トイレは便やトイレットペーパーなど、いろんなものがつまる場所です。排水管のつまりを防ぐには、まずはつまるようなものを流さないようにすることです。それでもつまってしまった場合は、その都度掃除を行うことでトラブルを解決することができます。
排水管の劣化が進みすぎている場合は、キッチンや浴室のリフォームが必要になることもあります。排水管だけリフォームすることもありますが、キッチンや浴室全体のリフォームと一緒に行うこともあります。大きな工事になりますから、家族でよく話し合って決めましょう。

■まとめ
水道の修理で部品の交換だけですむのか、それよりもっと大きな工事になるかは、日頃のメンテナンスとも関係があります。日頃から排水管がつまらないように気をつけていて、掃除をマメにしている家庭の排水管は長持ちしますし、水漏れなどのトラブルも起こりにくくなります。壁の中や床下などの大きな工事となってしまう場合は、家全体の修理が必要になっている場合もあります。家も新築してから20年ほど経つと、いろんなところが弱ってきます。一番最初に工事が必要になるのは、キッチンや浴室などの水回りだと言われています。給湯器 交換の可能性も考えられます。トイレは場所が狭いので、比較的工事がしやすいのではないでしょうか。水道業者に見積もりを出してもらって、工事しやすいと思われるところから順番に工事を行うといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース